入れ歯の悩みと、その原因


入れ歯が合わないことで起きる症状の中から、よくあるご相談や悩みとその原因について、ご説明します。


痛い


入れ歯を装着して痛みを感じる場合、入れ歯のベース部分の形が適切でない、または人工歯の噛み合わせが合っていないことが原因です。



ベース部分の形が適切でない場合


入れ歯は、その人の歯ぐきにぴったりとくっついているから外れないわけです。
ぴったり合っているというのは、残っている歯ぐきをぴったりと覆っているということではありません
動きのある唇や頬、舌などが、自由に動くことができる余裕がなければ、その動きによって入れ歯に圧力がかるのため痛みを感じるのです。
入れ歯のベース部分には患者さんごとに適正なラインがあり、そのラインにあった形でなければ、不快な症状が出てきます


人工歯の噛みあわせがあっていない場合


人工歯の噛み合せが合っていないために痛みを感じることもあります。
人の口の形は千差万別
ですから、それぞれもともとの歯の形や大きさが微妙に違ったり、噛み癖があったりします。
その情報を加味したうえで入れ歯を作らないと、うまく物が噛めなかったり、残っている歯ぐきに触ってしまって、痛みを感じるのことになるのです。

この悩みを解決するためには、適正なラインと個人にあった噛み合わせを実現することが必要です。
そのためアールデンタルオフィスでは、ラインチェックとポジションチェックを行っています



外れる


入れ歯が外れてしまう場合、痛みと同様に入れ歯のベース部分の形が適切でないか、人工歯の噛みあわせが合っていないことが原因です。


ベース部分の形が適切でない場合


歯ぐきに対して入れ歯のベースが大きすぎるために、歯ぐきと入れ歯のベースの間に隙間ができて外れてしまうのです。


人工歯の噛みあわせがあっていない場合


人工歯の噛み合せが合っていないために外れてしまうこともあります。
それぞれに、もともとの歯の形や大きさが微妙に違ったり、噛み癖があったりしますので、そういった情報を加味したうえで入れ歯を作らないと、外れてしまうのです。

この悩みを解決するためには、ベース部分の適正ラインを正確に導き出し、個人にあった噛みあわせを導き出すことが必要です。
そのためアールデンタルオフィスでは、ラインチェックとポジションチェックを行っています


しゃべりづらい


しゃべりづらいのは、入れ歯の高さが合っていないことが原因です。
歯の部分が高く(長く)作られていると、「さしすせそ」や「たちつてと」が発音しづらくなります
上あごの入れ歯の土台部分が高く(厚く)作られていると、「らりるれろ」が発音しづらくなります


この悩みを解決するためには、個人に合う入れ歯の高さを導き出すことが必要です。
そのためアールデンタルオフィスでは、ポジションチェックを行っています。


吐き気がする


吐き気がするのは、入れ歯のベース部分が喉に当たっていることが原因です。

ベース部分の奥が長く作られていると、喉に当たって吐き気がします


また下の入れ歯に余計な部分があり、のどに当たっている場合も同じような症状が出ます。


この悩みを解決するためには、ベース部分を正確に導き出すことが必要です。
そのためアールデンタルオフィスでは、ラインチェックを行っています。