アールデンタルオフィスの「ヒビ・欠け・割れ治療」のポイント


1痛みやしみる症状を最優先で治療


「痛い」「しみる」といった症状が出ている場合は、それを抑えるための処置を最優先で行います。
しみ止めの薬剤を塗布することで、大半の症状はかなり軽減できます。

しみ止めを塗っても症状が改善しない場合は、原因が虫歯であることが考えられます。
痛みなどがあるときは応急処置を施し、痛みを和らげます。
必要があれば痛み止めを服用していただいたり、痛くないように麻酔をして治療を行うこともあります。

虫歯治療について詳しくはこちら

痛みの無い・不安の無い治療についてはこちら


2ご希望に応じた治療をご提案


治療方法、期間については、患者様のご希望をお聞きしながら一緒に考えていきます。
アールデンタルオフィスでは患者様のご希望を第一に治療を行っていきます。
「根本的にしっかり治療したい」「今回はまず症状が治まればいい」などのご要望や疑問はご遠慮なく医師、スタッフにお話しください。


ヒビが入っている場合


顕微鏡や拡大鏡を使って目視をして、ヒビの程度や場所を確認します。
小さなヒビならば、その箇所を接着して、それ以上ヒビが広がらないように進行を抑えます。
大きなヒビ、もしくは虫歯が進行してヒビが入っている場合は、基本的に虫歯と同様の治療を行います。


欠けている場合


欠けた部分を補うため、基本的には虫歯と同様の治療を行います。
詰め物が合わない、噛み合わせが合っていない、「食いしばり」や「歯ぎしり」をするなど、歯が欠ける根本的な要因があるときは、それぞれに合った治療をご提案しています。

詰め物治療について詳しくはこちら


割れている場合


ヒビが進行したり、過度の力が歯にかかると割れてしまうことがあります。
割れてしまった歯は、基本的には虫歯と同様の治療を行います。
噛み合わせの不具合など根本的な要因がある場合は、それぞれに合った治療をご提案いたします。
ただし、根が割れている場合は抜歯しなければなりません。

噛み合わせ治療について詳しくはこちら

費用について詳しくはこちら